エバニューフェンス
7/8

施工要領機能を十分に発揮するために正確な施工を行ってください。※矯正の際は必ずゴムハンマーを使用するか、当木をして叩いてください。※施工時、製品は直接地面に置かないで敷物を施してください。※コーナー用のブラケットは90°~119°、120°~169°の2種があります。170°以上のコーナーは中間ブラケットで取り付けてください。※勾配の場合、メッシュはGLに対して直角方向を標準とします。90°~119°用コ-ナ-ブラケット120°~169°用コ-ナ-ブラケット角根BNM8×70(W付)角根BNM8×70(W付)角根BNM8×22(W付)[パネルの中に挿入][パネルの中に挿入]〈90°~119°コ-ナ-〉〈120°~169°コ-ナ-〉あけます。とします。わせます。けます。めします。仮ボルト止めの後、主柱に取り付けます。水平・通りを正して、モルタル詰めを行い、水勾配をつけてください。全スパンの組み立て完了後、前後左右の振れ、水平・通りを正してボルト・ナットの締め付けを点検し、塗装面のはく離部分があれば補修塗り等を行います。基礎のスリーブは必ず取り除き、モルタルを充てんしてください。砂・空ねり等では柱の強度が保てません。

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る