PCフェンス
4/20

下胴縁の上部開口部より侵入した水や砂等によるさびの発生を防ぎます。独自の技術と工夫によるすぐれた機能性耐候性にすぐれる溶融亜鉛めっきを使用金網に「高耐食性新亜鉛合金めっき線」タフガード®マイルドを新規ラインナップ。(対応規格:φ2.6×56㎜、φ2.6×50㎜、φ2.6×40㎜)溶融亜鉛めっきに比べて色調は暗く、時間経過とともに酸化皮膜が成長すると、次第に灰黒色の落ち着いた色合いに変化します。亜鉛めっき製品は、屋外に積み重ねたままの保管やシート掛けしたままの保管をすると、雨水との長時間の接触や多湿による結露などにより白さびが発生し、製品外観の低下につながる可能性があります。ただし、白さびによる耐食性への影響はほとんどありません。独自の工夫による金網の先端部や網張りバー、胴縁の端形状等が金網や胴縁のはずれを防ぐほか、下胴縁にあけた水抜き穴が水や砂等によるさびの発生を防ぎます。また、安全追究の面から角張った部分を極力なくした部材や、破損個所のみの分解修理を可能にするスパンのユニット化等、随所に朝日の技術が盛り込まれています。※「タフガード」は、日本製鉄株式会社の登録商標です。※「タフガード」は、日本製鉄株式会社が開発した亜鉛・アルミ・マグネシウム合金めっき線の商品名です。(亜鉛・アルミ・マグネシウム合金めっきハガネ鉄線)秀でた耐震性コンクリートブロックべいと比べて軽量で、倒壊しにくい構造です。地震等の災害時、高い安全性を確保します。・

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る