朝日スチール工業株式会社

資料請求

ログイン

防球製品Products

S・P防球フェンス(エコネットタイプ)

仕様・特長

製品特長

安全性、耐久性にすぐれる鋼管主柱を使用した、各種グラウンド、学校、公園等の防球フェンスです。スポーツのためのよりよい空間づくりをサポートします。

景観にやさしいデザイン

圧迫感が少なくスマートなデザインは周囲の景観に自然に溶け込みます。

安全性にすぐれた構造

主柱(S・Pポール)は高張力鋼鋼板(引張強さ490N/㎟以上)を材料としJISG3444に基づいて造管されたものです。軽量かつ強靱で、強風や地震に対してすぐれた耐久性を誇ります。
また鋼管柱のため、リサイクル性にすぐれています。

秀でた耐候性

主柱(S・Pポール)および横材の表面処理は溶融亜鉛めっき(JISH8641、HDZ45)を施し、耐候性にすぐれています。
また、内部鉄筋の腐食等老朽劣化の判断が外観からでは難しいコンクリート柱と比べ、表面変化の判断が容易でありメンテナンス性にもすぐれています。

主柱間隔は10m

標準規格品は、主柱間隔を10mスパンにしています。
建柱、組立が容易なため、施工性にもすぐれています。

低光沢塗装

主柱・横材・バンドは溶融亜鉛めっきの上に塗装(低光沢ダークブラウン・低光沢ローングリーン)を施す事もできます。光が反射しにくく、落ち着きのある外観です。(下地の溶融亜鉛めっきの表面状態により塗装表面には多少の凹凸があります。)
但し、くぐり門扉の低光沢塗装はできません。

すぐれた運搬性

コンクリートに比べ軽量。H6m以上では柱が分割され、コンクリート柱では搬入できない現場へも搬入可能です。

規格・寸法(沖縄地区は除く。)

呼称\寸法 高さ
(mm)
主柱(mm) 横材
(mm)
規格 埋込
H4 4000 Φ139.8×3.0×5650 1500 Φ114.3×4.5
H5 5000 Φ190.7×2.8×6800 1650 Φ114.3×4.5
H6 6000 上部Φ193.0×2.8×7950
下部Φ193.0×3.2×7950
1800 Φ114.3×4.5
・H7 7000 上部Φ193.0×2.8×9250
下部Φ216.3×4.0×9250
2100 Φ114.3×4.5
・H8 8000 上部Φ193.0×2.8×10400
下部Φ216.3×4.5×10400
2250 Φ114.3×4.5
・H9 9000 上部Φ216.3×4.5×11600
下部Φ216.3×6.0×11600
2450 Φ114.3×4.5
・H10 10000 上部Φ216.3×6.0×12800
下部Φ216.3×8.0×12800
2650 Φ139.8×3.5
・H12 12000 上部Φ216.3×4.5×15150
中部Φ267.4×6.0×15150
下部Φ267.4×8.0×15150
3000 Φ139.8×3.5
・H13 13000 上部Φ216.3×6.0×16350
中部Φ267.4×6.0×16350
下部Φ267.4×10.0×16350
3200 Φ139.8×3.5
・H14.7 14700 上部Φ267.4×6.0×18450
中部Φ318.5×6.0×18450
下部Φ318.5×10.0×18450
3600 Φ139.8×4.5

・印主柱寸法は接続後の長さを示します。但し、許容差により多少長くなる場合があります。
主柱・横材・バンドは溶融亜鉛めっきの上に塗装(低光沢ダークブラウン・低光沢ローングリーン)を施す事もできます。光が反射しにくく、落ち着きのある外観です。(下地の溶融亜鉛めっきの表面状態により塗装表面には多少の凹凸があります。)但し、くぐり門扉の低光沢塗装はできません。
埋込寸法は普通土質の場合の参考寸法です。設置場所や土質により変化しますので十分にご検証ください。

設計上のご注意

フェンス柱地際部の処理はコンクリート又はモルタル充てんを十分にし、基礎天端に水切り勾配を必ず付けてください。地際部に弊社指定の亜鉛テープを巻いてください。地際部に水が溜まったり、柱が土と直接接触した状態では、めっきや塗装が早期に侵されます。(基礎天端が土中に埋まる場合には強度検討等を致しますので、ご相談ください。)
オーガ穴あけの折、下部に岩盤等が出てきた場合、独立基礎に変更できます。(基礎寸法はお問い合わせください。)
オーガ穴あけの折、水や砂が出てきた場合、薄肉鋼管等を使用することもあります。