朝日スチール工業株式会社

資料請求

ログイン

防球製品Products

S・P防球フェンス(金網タイプ)

仕様・特長

製品特長

安全性・耐久性にすぐれる主柱・金網を使用した各種グラウンド、学校、公園等の防球フェンスです。

景観にやさしいデザイン

圧迫感が少なくスマートなデザインのため、周囲の景観に自然に溶け込みます。

安全性・耐震性にすぐれた構造

■主柱(S・Pポール)
主柱(S・Pポール)は高張力鋼鋼板(引張強さ490N/㎟以上)を材料としJISG3444に基づいて造管されたものです。軽量かつ強靱で、強風や地震に対してすぐれた耐久性を誇ります。
また 鋼管柱のため、リサイクル性にすぐれています。主柱(S・Pポール)および横材の表面処理は溶融亜鉛めっき(JISH8641、HDZ45)を施し、耐候性にすぐれています。
内部鉄筋の腐食等老朽劣化の判断が外観からでは難しいコンクリート柱と比べ、表面変化の判断が容易でありメンテナンス性にもすぐれています。

■金網(スプリングネット) φ1.8×40mm
新開発されたスプリングネット(カラーハガネ鉄線・合金めっきハガネ鉄線)を採用。
同じ線径の一般品と比較すると、約2倍の高い強度が得られます。
また、摩耗、紫外線劣化なども少なく、長期にわたって使用できます。


■ワイヤ&ブレース
網止め水平ワイヤおよびブレースは、合金めっき鋼より線(亜鉛・アルミ合金めっき200g/㎡)をメッセンジャーワイヤとして使用しています。

■カセンネット張り
カセンネット張りも製作しております。お問い合わせください。

低光沢塗装

主柱・横材・バンドは溶融亜鉛めっきの上に塗装(低光沢ダークブラウン・低光沢ローングリーン)を施す事もできます。光が反射しにくく、落ち着きのある外観です。(下地の溶融亜鉛めっきの表面状態により塗装表面には多少の凹凸があります。)
但し、くぐり門扉の低光沢塗装はできません。

すぐれた施工性

主柱間隔は6m。組立が容易なうえに、メンテナンス性にもすぐれます。

すぐれた運搬性

コンクリートに比べ軽量。H7m以上では柱が分割され、コンクリート柱では搬入できない現場へも搬入可能です。

施工事例・利用シーン

こちらからご覧いただけます。

施工写真はこちら